猫のトイレおススメ!迷った時の選び方

猫と暮らすための情報
スポンサーリンク
猫ビギナー
猫ビギナー

猫のトイレって、何を基準に選べばいいの?

飼い主
飼い主

飼い主さんと猫さんが気持ちよく使えるものがおススメ!

アイちゃん
アイちゃん

にゃん(トイレの最中は、あんまり見ないで!)

猫さんと相談して、良いトイレを選んでいきたいですね!

 

スポンサーリンク

一般的な猫トイレの選び方

猫トイレの良い選び方は、

飼い主さんと猫さんの両方が気持ちよく使えること!

体長の1.5倍

トイレの大きさは、1.5倍くらいあるとトイレの中でも動きやすいようです。

入り口が低い

入り口は低めのものだと、子猫から老猫までずっと使えます。

1匹に1個

多頭飼いの場合、1匹につき1個といわれています。

ですが、我が家では5匹で4個置いています。
それぞれ、トイレをする場所が決まっているようす。

 

  1. 体長の1.5倍
  2. 入り口が低い
  3. 1匹に1個

 

 

猫トイレの大きさ

猫トイレは一度しか買わないので、

子猫の時から大人と同じサイズで問題ありません。

子猫は半年くらいで、すぐに大人と同じくらい大きくなります。

 

我が家では、「ノーマルトイレ」を使っています。

アイちゃん
アイちゃん

にゃん(トイレは初めから大人用だったなぁ)

 

猫のトイレには、大きく分けて二つの種類があります。

 

手動:「ノーマルトイレ」「システムトイレ」

オープン式、カバー式(ハーフカバー・フルカバー・ドーム)

 

自動:「全自動トイレ」

 

 

それぞれのトイレのメリット、デメリット

 

ノーマルトイレ、システムトイレ

猫のトイレ カバーあり

色々な呼び方がありますが、トイレに屋根がついているものです。

メリットは、他の人や猫に見られにくいので、

猫さんが安心してトイレすることができます。

匂いも広がりにくいです。

  • 他の人や猫に見られにくい
  • 猫さんが安心してトイレすることができる
  • 匂いが広がりにくい

 

デメリットは、見られにくいということは、観察しづらいということです。

汚れや体調の変化を、発見し辛い

 

猫のトイレ オープン型(カバーなし)

その名の通り、オープンです。

トイレに屋根がないタイプです。

 

メリットは、観察しやすいので、すぐに汚れが分かること。

また、体調の変化に気が付きやすいです。

シンプルな作りになっているものが多いので、丸洗いしやすいです。

  • すぐに汚れが分かる
  • 体調の変化に気が付きやすい
  • シンプルな作りなので、丸洗いしやすい

 

デメリットは、トイレをした瞬間、トイレの臭いが部屋全体に広がることです。

トイレの臭いが部屋全体に広がる

ノーマルトイレとシステムトイレの違い

ノーマルトイレ

簡単に言えば、箱です。

おまるみたいなものですね。

そこに猫砂を入れて使います

 

我が家では、代々、ノーマルトイレを使っています。

 

メリットは、本体が安いものが多いです。

猫砂も種類を選ばないので、コストを抑えられます。

  • 本体が安い
  • 全ての猫砂を使える
  • 猫砂の材質や形状、メーカーを選ばない
  • 丸洗いしやすい

 

デメリットは、他のトイレに比べ、掃除の回数が多くなります。

トイレの掃除をサボると、すぐに臭います。

  • 砂が飛び散ることがある
  • 毎日掃除が必要

 

猫 トイレ フルカバー・ドーム

猫 トイレ ハーフカバー

猫トイレオープン


 

システムトイレ

トイレの底が二層になっています。
上の層はすのこになっていて、下の層にシートを入れます。

オシッコは猫砂を通過し、シートに吸収されるため、
普段の掃除は、砂の上に残ったウンチを取るだけです。

 

メリットは、毎日のオシッコの掃除の回数を減らせること。

毎日の掃除はウンチだけすればいいので、砂のコストを抑えられます

採尿しやすいので、検査の時に楽です。(単頭飼いの場合)

  • オシッコの掃除の回数が減る
  • 砂の節約ができる
  • 採尿しやすい

 

デメリットは、オシッコの掃除の回数が減るので、
溜まったオシッコを掃除しなければなりません。

砂に加えて、シートが必要なのでコストがかかります。

システムトイレに対応した猫砂が必要です。
粒が大きいものが多いので、慣れない猫さんは使いづらいことがあります。

  • コストがかかる
  • シートが必要、対応した猫砂を選ぶ必要がある
  • 時間が経過したオシッコの掃除をしなければならない
  • パーツが多いので、洗うのが大変
  • 砂が飛び散ることがある

 

我が家の猫さんが病院に入院した時、
病院ではシステムトイレを使っていました。

システムトイレだと、採尿がしやすいため。

しかし、猫砂がいつもと違うため、病院でオシッコをしてくれず、別日に提出。

飼い主
飼い主

普段からシステムトイレを使っていたら、
最初からスムーズに採尿できたのかな?

アイちゃん
アイちゃん

にゃん(もう慣れたから採尿も完璧!)

 

猫 システムトイレ フル カバー・ドーム

 

猫 システムトイレ ハーフカバー

猫システムトイレ オープン

 

全自動トイレ

 

メリット

全自動なので、一回一回の掃除の手間が省けます。

 

デメリット

本体の値段が高いです。

電気代や専用猫砂などコストがかかります。

電化製品が苦手な猫さんもいます。

 

自動トイレは、上級者用と言えそうです(^^;)

 

猫さんのトイレを選ぶポイント

猫さんのトイレを選ぶポイントは、

猫さんと飼い主さんが、お互いに気持ちよく使えること。

 

好きなトイレの形状や場所、猫砂などは、それぞれの猫さんによって違います。

お互いが大満足!というのがベストですが、
ムリせず、妥協できるところはしてOKだと思います。

一番良くないのは、手入れをするのがイヤになってしまうことです。

 

飼い主
飼い主

迷ってしまったら、管理しやすいトイレを選んでいます。

 

 

猫トイレ最強は!?(我が家の場合)

我が家最強のトイレは、シンプルイズベスト!

 

オープンタイプの丸洗いできるトイレです
なるべくパーツが少ないもの。

シンプルな作りだと丸洗いしやすいです。

砂を全部取り換える時に、丸洗いするのですが、
パーツが少ないと、洗いやすく乾きやすいので使いやすいです(^^)

 

これはイイ!

 

猫トイレの収納は?

一昔前は、猫さんは、半室内飼いが主流で、

外で用を足してくるのが普通のことでした。

 

現在は完全室内飼いが主流になっていため、

トイレの掃除頻度が多くなりました。

 

猫トイレもおしゃれなものが増えて、

インテリアとしても部屋の雰囲気を邪魔しないものが増えました。

 

猫トイレ収納型

猫トイレを中に入れて使います。

 

外から見えにくいので、掃除し忘れないように。

朝晩チェック!

 

猫トイレカバー

 

まとめ

 

猫のトイレは、何を基準に選ぶ?

 

一般的な猫トイレの選び方

  • 体調の1.5倍
  • 入り口が低い
  • 1匹に1個

猫トイレは一度しか買わないので、
子猫の時から大人と同じサイズでOK。

猫のトイレの種類

  • ノーマルトイレ
  • システムトイレ
  • 全自動トイレ
  • カバーあり
  • カバーなし

猫トイレ最強(我が家の場合)

我が家の最強トイレはシンプルイズベスト

トイレ選びに迷ったら…

迷ったら、一番シンプルなものがをおススメします。
本体が安いく、失敗が少ないです。

 

アイちゃん
アイちゃん

にゃん(猫のトイレは、一生の問題)

飼い主
飼い主

飼い主さんと猫さんが、
長く気持ちよく使えるものになると良いですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました