【動画】リアルなペンギンを描いてみよう【デジタル作画】

【動画】リアルなペンギンを描いてみよう【デジタル作画】

 

はじめくん

前回はゆるさ前回のペンギンを描いたけど、

リアルなペンギンを描いてみたいな。

 

 

かくねちゃん

ペンギンも種類がたくさんだけど

今回は皇帝ペンギンなんてどうかな?

 

はじめくん
さっそく描いてみよう!
Advertisement

リアルなペンギンの描き方

リアルなペンギンの描き方

かくねちゃん
今回はこんな感じでリアルなコウテイペンギンを描いていくよ。

 

ペンギンの特徴

普段、ペンギンってリアルな姿よりもデフォルメした姿を想像することも多いかと思います。

前回のこのイラストもそうですね。

 

【動画】夏モチーフを描いてみよう!

 

 

でも、実物や写真を見ると、なんかもっと

スタイリッシュでかっこいい!

 

種類にもよりますが、

頭は小さく(頭身高い!)、肩幅もしっかりあり、

くちばしの形や手(翼?)の形や足はしっかり長めで

かかともしっかりある。

そんな特徴があることが分かります。

 

また、青や水色でかわいく描かれることも多いペンギンですが

実際は黒からグレー、

一部に黄色や赤が入っています。

うーんスタイリッシュ!

 

【動画】リアルなペンギンの描き方

それでは、動画でご覧ください。

使用しているアプリAutodesk SketchBookは

レイヤーのクリッピング機能がありません。

 

範囲選択をして白で塗りつぶした後、

透明部分の保護をしてブラシで色を乗せています。

 

白を塗った後、黒い部分の形をとってサクッと黒を塗ろうと思ったのですが、

途中で黄色や赤の部分に気が付き、

先にそっちを塗ってから黒を乗せました。

 

クリスタなど、クリッピング機能のあるイラストツールであれば

うまく活用して塗ってみてください。

 

リアルな質感へ魅せるテクニック

黒だけで塗りつぶすとリアル感が足りないかな?と思い、

黒より少しだけ明るめのグレーを乗せました。

 

エアブラシや水彩ツール、ぼかしなどで

馴染ませるとよりリアルな質感になりますね。

 

さらにリアル感を出したい場合や

接近した絵の場合は

毛並みを描きこむという手もあります。

今回はちょっと遠めのイラストなのでそこまではしませんでした。

資料を見ながらその色に近づけると

さらに本物らしくなります。

 

まとめ

いかかでしたか?

リアルなイラストはちょっと敷居がたかいかもしれません。

でも、資料を見ながらまねっこして描いていけば

上手に描けるようになりますよ。

 

写真ももちろん良いのですが、

動物園や水族館でペンギンを見れるので

実際に見るのが一番おススメです!

形だけでなく、大きさや動きも観察しにいきましょう♪

描いているひと 絵遠かくね(えを かくね)

CTA-IMAGE はじめまして、絵遠かくねといいます。 イラスト大好きで、どんな時もイラストを描いて人生を過ごしてきました。 イラストを描くということは、 自分の表現したいこと、いうなれば「内面」をアウトプットすること。 そう考えると難しく感じてしまうかもしれませんが、 身構えず、気軽に楽しく、日常的にイラストと向き合える方法をお伝えしています。 少しでも、「私もやってみたい!」という方のお力になれるように 日々更新しています。 ★☆★ アナログ・デジタルどちらもすき。好きな画家はミュシャ。