【動画】かわいいシマエナガの描き方【デジタル作画】

スポンサーリンク
かくねちゃん
今回は、シマエナガを描いてみたよ!
はじめくん
シマエナガ、かわいいね!
かくねちゃん
かわいいモチーフを描いてみたくて、かわいいシマエナガになりました。
かくねちゃん
かわいいって思った気持ちを存分に込めて描いてみてね!

 

スポンサーリンク

今回の完成見本はコチラ

シマエナガの描き方

かくねちゃん
今回は、生体だけだと寂しかったのでちょっとした背景を入れてみました。
はじめくん
シマエナガは鳥だから、木に止まっているところだね。

 

かくねちゃん

そうだよ。木の枝の細い部分に止まっていることで、

シマエナガの小ささがわかるよね。

 

複雑なモチーフは、それ自体でインパクトがありますよね。

今回のシマエナガのような描きこむところが少ないモチーフは

背景や装飾に手を入れてあげるとボリュームのあるイラストになります。

 

シマエナガの描き方動画


お忙しい方は2倍速モードも使ってくださいね♪

今回も、字幕を入れてあるので

解説が欲しい場合はON、作業だけみたいよ!という場合はOFFでお楽しみください^^

今回の作業動画では、

①下書きをそのまま線画にする方法

②サクッと簡単に背景を付ける方法をご紹介しています。

過去の動画で使用しているワザもあるので

是非色んな動画をご覧いただけたらなと♪

 

シマエナガってどんな鳥?

スズメ目エナガ科エナガ属に分類されている亜種。

主な食べ物:樹液、小さいきのみ、昆虫、幼虫など

体長 14cm(からだ7cm、しっぽ7cm)

体重 8g

生息地:北海道全域

 

エナガは、主にユーラシア大陸に生息している鳥です。

日本では、九州から北海道にかけ広い地域で生息しています。

長いしっぽが杓子のようなので柄が長い→エナガと呼ばれています。

亜種とは、同じ動物として分類されているのに、住んでいる地域により見た目が異なる種族のこと。

寒い地方で雪の中に暮らしているからあの雪のような見た目になっている、ということでしょうか・・・。尊いですね。

 

日本での主な生息地は北海道です。

12~2月の真冬の時期に多くみられ、

この時期だと札幌などの中心街でも発見できることも。

大通り公園や旭山記念公園、円山公園。モエレ沼公園等

様々なところで発見できるので

シーズンに北海道に行ったら探してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました