キャットフードの保存方法

キャットフード(カリカリ)の便利な保存方法って?

キャットフードは、大袋の方がたくさん入ってお買い得ですね!

しかし、大きな袋で買ってしまうと、フードの劣化も早くなってしまいます。
鮮度はもちろん、開けたり閉めたりを繰り返すと、その分風味が落ちて食いつきが悪くなってしまうそうです!

そしてジッパーや留め具が付いていないキャットフードだと、虫がよってきてしまうこともあるんですよね…。それは困る!

そんな悲しいことを防ぐためには、フードを小分けにして保存するのがおススメです♪

ジップロックや真空パックでOKです。

我が家では最近、2Kg入りのキャットフードを買っています。

小分けになっていない、開けたらジッパー付きタイプのものです。

前述のように、虫が寄ってきてしまうのももちろんいやですし、

何より中身が出しづらい^^;

特に、少なくなってくると袋に手を突っ込まなくてはならない・・・。

おまけに、にゃんこたちが勝手に袋を破って食べているではありませんか!

どれくらいの量で小分けにしたらいいの?

今回は、商品パッケージの給与方法を目安に1日分をSサイズの保存パックに入れました。

保存場所は、商品の保存方法に従って、台所の戸棚の中へ。

1日分(多頭飼いなのでにゃん数分です)に、およそ1杯5gのスプーンを入れて。

単頭の場合は3日分とか、1週間分とかにすると便利かな?

キャットフードの保存方法

↑1日分のキャットフードです♪

小分けにするタイミングって?

小分けにするタイミングはずばり。

最初に開けた時!です。

最初に開けた時から、劣化は始まってしまうので

できるだけ開封の回数を減らすため、

買ってきたその時、開封のタイミングで小分けにしていきましょう♪

まとめ

毎回ごはんの分量を量るのは大変!

およそ1日分に分けておくようになって、ごはんの時間が楽になりました♪

食べ過ぎも防止できます♪

小分けにしている最中ににゃんずが寄ってくるのも可愛くて仕方がないので

是非お試しあれ~♪

猫様たちは、美味しい事してるって知ってるの、かわいすぎるな~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク