【第5回】簡単に描ける表情のバリエーションを考えよう

【第5回】簡単に描ける表情のバリエーションを考えよう

はじめくん
猫は描けるようになったんだけどさ、全部同じような感じになっちゃうんだよね。
かくねちゃん
それじゃあ、表情をつけてみたらどうかな?
はじめくん
そっか、顔を変えればバリエーションができるよね!

Advertisement

表情を考えよう

かくねちゃん
目と口のパーツを変えるだけで、色々な表情を描けるよ。
色々な組み合わせを試してみよう!

表情を考える

目のパーツと口のパーツを組み合わせよう

目のパーツと口のパーツをそれぞれ考えてみましょう。

記号で表すだけでも様々なバリエーションを作ることができます。

目のパーツについて

目の表情って色々ありますよね。

基本を中心に、まつげを生やしてみたり、眉毛を描いてみたり。

ちょっと釣り上げてミリ、ウインクさせてみたり。

目は口ほどにものを言う、といいますから目の与える情報量はとても多いです。

口のパーツについて

口もまる、さんかく、しかくで作ることができます。

正三角形ならムッとした顔、逆三角形なら笑顔、といった具合です。

記号のようなイラストから一歩先へいった時にも

さんかくに口を開くか、まるを薄く、思いっきり開けるかによっても表情は全然違ってきます。

 

まとめ

はじめくん
よしよし、これをさっきの猫に描いてあげれば良いんだね!
かくねちゃん
うん、そうすればいろんな顔をした猫ちゃんが描けるはずだよ。
はじめくん
猫だけじゃなくて、他のイラストに描く時にも使えるね!

顔のパーツも、体のパーツと同じように大きさや位置を意識するだけでバリエーションを増やすことができますよ。

何パターンも試してみて、あなた好みの顔を作ってみてくださいね。

描いているひと 絵遠かくね(えを かくね)

CTA-IMAGE はじめまして、絵遠かくねといいます。 イラスト大好きで、どんな時もイラストを描いて人生を過ごしてきました。 イラストを描くということは、 自分の表現したいこと、いうなれば「内面」をアウトプットすること。 そう考えると難しく感じてしまうかもしれませんが、 身構えず、気軽に楽しく、日常的にイラストと向き合える方法をお伝えしています。 少しでも、「私もやってみたい!」という方のお力になれるように 日々更新しています。 ★☆★ アナログ・デジタルどちらもすき。好きな画家はミュシャ。