【画材】ペンタブレットWacom intuos CTL-4100/K0を購入しました。

Wacom intuos CTL-4100/K0を購入しました。

今回は、ペンタブレットを購入しましたのでレポしていきたいと思います。

この講座はいつもアナログで描いていますが、デジタルで取り込んだ後加工するだけでなくデジタルイラストも描くことがあるのでペンタブは必須道具です。

 

将来的には液タブ、それなりに大きいサイズのものが欲しいのですが、

今回は、前回使っていたものが寿命を迎えたので急遽、お迎えしました。

intuos

 

今回お迎えしたのはWacom製のintuos CTL-4100/K0です。

 

小さいサイズなら約1万円で購入できる。

急なこともあって、予算が1万円です。

一番小さいのでもいいからとりあえず欲しい、という動機でこれを選びました。

他の家電同様、店舗によって若干価格が違うようですね。

割引キャンペーンなどがあればもっと安く手に入れることができます。

もちろん、ネットでも購入ができます。

 

ノートパソコンなので画面も小さいし、手頃な感じで良いですね。

 

intuos

 

開封しました。なんだかすっぽり入っていていい感じです。

新しいものを開けるのって嬉しいですよね。

テンションが上がります。

 

 

軽量&薄型のコンパクトサイズ

開けてみると・・・

 

うっす!薄い!こんなに薄いんですね、今のやつって・・・。

 

intuos

 

いやあ、いつの間にかこんなにコンパクトになっていてびっくりしました。

フラットだし、ブラックだしかっこいいですね。

薄くて軽いので、ノートパソコンと一緒にバッグに入れられます。

 

intuos

 

コードは独立した差し込みタイプ

今回のはどうやらコードが差し込みタイプになっていて、独立しています。

以前はinutuos3を使ってました。(10年もってくれました。感謝。)

以前は本体とコードは直接繋がっているものでした。

接触が悪くなってしまい使えなくなってしまったのですが、コードを変えられるなら長く使えますね。

この商品、Bluetooth対応のタイプもあるので、それと機械自体は同じなのかな。

無線だとタイムラグや充電の関係があるので、今回は有線のものを描いました。

 

ペンタブ本体を取り出すと、下はこのようになってました。

コード、説明書、ペンタブが綺麗に入っています。

intuos

このコード、ちゃんとまとめるヤツが付いているのが嬉しいです。

 

パソコンに繋いだら、勝手にドライバをインストールしてくれました。

もし、そうでない場合はWacomの公式サイトのダウンロードのページからダウンロードできます。

 

 

コードは結構長めにあるので画面の後ろを通して右側のUSB差し込み口に指しています。

大きさは13inchのmacよりも一回り小さいくらいですね。

 

intuos

 

描き心地はどうなのか?

早速書き心地を試してみると・・・。

なんだか質感がマット!!!!

吸い付くような感じでペンが動いていくのに驚きました。

なかなかいい感じですね。

前のが大きいペンタブだったので、書き心地が違いますが、慣れれば問題ないかな。

小さいペンタブだと、ちょっと線を引っ張っただけでかなり伸びますね。

大きいペンタブだとちょっと動かしたくらいでは全然カーソルが動かないですから、

少ない動きでガンガン描けるのもいいですね。

今回のinuos CTL-4100/K0は、筆圧感知がかなりよくなっていました。

従来のintuos3だと1024レベル、4・5は2048レベルだったのに対し、
最高4096レベルになったということで、今までの感覚で引くと同じペン幅でもかなり細めの線が引けました。

 

サイズは二種類。

 

  • Wacom Intuos Small ベーシック (CTL-4100/K0)

読取可能範囲 152×95mm

 

  • Wacom Intuos Medium

読取可能範囲 216×135mm

 

intuosは電化用品店はもちろん、Wacom公式サイトでも購入ができます。

 

wacom公式サイトで見る。

 

楽天で見る。

Wacom Intuos Small ベーシック (CTL-4100/K0) ワコム ペンタブレット 送料無料


ペンタブレットを購入するとペイントソフトをダウンロードできるのが嬉しいですね。

(時期によってどのソフトがダウンロードできるかは変更されるとのこと。)

 

 

まとめ

  • 価格がお手頃価格
  • 薄くて軽く、持ち運びにも便利
  • コードが痛んでもコードを買い換えることができる
  • サイズは2種類ある
  • ペイントソフトをダウンロードできる

 

今は液タブが主流になってきたからでしょうか。

板タブと言われるこのタイプのタブレットはお手頃な価格で買えるようになりましたね。

小さいタイプはお手頃価格ですし、これからペンタブビューしてみたい方や、買い替えの方にもちょうどいいかと思います。