「猫と暮らす」いつか必ず来る別れの日

寂しい

猫と一緒に暮らす、と言うことは、

必ず、最後は「別れ」が待っています。

先日、

大切な家族が、旅立って行きました。

心の整理と、これからのために、

感じたことを残しておこうと思います。

少しずつ別れが近づいてくることもあれば、

突然別れがやってくることもあります。

必ず考えてしまうのが、

「もっと一緒にいれば良かった」。

毎日一緒にいても、

いつも一緒にいても、

「これで十分、満足」と思うことはないです。

一緒にいた時間を

思い出したり、頭に浮かんだりすると

笑ってしまったり、泣いてしまったり。

何年、十数年一緒にいても

「一緒にいられる時間は短いんだ」と思ってしまう。

私にできることは、

一緒にいる時間、ちゃんと心を通わせること。

○なでなで・抱っこする

他のことは、一旦止める

○ちゃんと挨拶する

起きた時・寝る時・出かける時・帰ってきた時

愛猫が先か、私たちが先か。

その時が来るまでわかりません。

でも、それまでの時間を大事にしていきたいですね。

そして、もちろん

旅たった後、供養をしていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク