おすすめキャットフード

 

 

猫のご飯、選んでいますか?

私も以前はスーパーのキャットフードコーナーで選んでいました。
意識が変わったのはうちの子が体調を崩したことです。

血尿が出るようになってしまったので病院に行き、診療してもらった後、どうにかしてあげられないかととりあえずネットサーフをしました。
そこでたどり着いたのが、フードの良し悪しについてでした。

キャットフードの含有成分表をみてみよう

市販のフードの原材料表示を見てください。

これは、含有量が多い順に記載されています。
穀物やチキンミールなどが一番上にあるのではないでしょうか。
原材料記載は、含有量の多い順に記載されています。
猫にとって多く必要なのは動物性のタンパク質といわれています。
穀類が多いフードばかり偏ってあげていると、腎臓に負担がかかり、消化が悪いです。
炭水化物や食物繊維の供給源として、必要な要素ではあります。

しかし、これらは少量あれば十分です。

なので、肉類が先頭に書いてあるフードを選んであげてください。
しかし、チキンミール、肉副産物が最初に書いてある!
だからOK!となったら危ないです。
チキンミールや副産物とは人が食べられないレベルのものです。
特にミートミールと記載のあるものは避けてあげてください。
腐った肉や病気で死んだ動物、排泄物等が使われている商品もあるようです。

また、キャットフードの長期保存を目的とした商品で、毒になる添加物が入っている商品は避けましょう。

例えば、下記のような記載があるものです。

酸化防止剤(エトキシキン・BHA・BHT)
着色料(赤色○号・青色○号・黄色○号)
合成甘味料(ソルビトール・キシリトール・グリシリジン・アンモニエート・ビートパルプ・コーンシロップ)
亜硝酸ナトリウム
プロピレングリコール
ソルビン酸カリウム

そこで、おすすめのキャットフードを調べましたので参考にしてください。

通販で買うなら、おすすめフード

イギリス産高級キャットフード【カナガンキャットフード】

うちの猫も大好きです。カナガン。
有名なのですでに愛用している方も多いかと思います。
チキンベースなこと、全ライフステージで与えられること。
サイトに原材料が公開されていることも魅力的ですね。

愛猫のためのスペシャルフード【モグニャンキャットフード】

こちらも、かなり食いつきがいいです。
小粒なので子猫でも食べやすいと思います。
白身魚がメインで使われているのでお魚味が好きな猫ちゃんにどうぞ。

動物栄養学者と共同開発のプレミアムキャットフード【シンプリーキャットフード】
こちらはサーモンがベースになっています。
魚をベースに野菜と海藻がバランスよく配合されているとのこと。

これらのキャットフードは、単体購入はもちろん、定期購入で購入できます。

私はカナガンの定期購入で買っていますが、まとめ買いをすると割引になるのも嬉しいですね。
1.5kg入っているので多頭飼いでなければ一袋で1ヶ月もつかもしれないです。上記3点は、同会社の商品ですのでまとめて発送してもらうことができます。
まとめ買いすると安くなります。種類が別々でもまとめ割引が使えますのでいろんな種類を購入するのもいいですね。
定期購入は好きな時に解約できます。
マイページから停止するか、電話で停止することができます。

 

安全安心FINEPET’Sペットフード

初回限定で、通常価格1.5kg3,750円(税別)のところ、1,000円(税別)でお試しできます。

猫の健康を考え抜かれて作られたこだわりのキャットフードです。
開けてみると、袋が見たこともない密封のされ方でした。
袋からもこだわりが伝わりましたよ。
HPにも原材料が全て記載されており、猫の健康への思いが記載されていますが、
購入時の同梱資料にも、さらに詳しく書いてありました。
粒は小粒で小柄な女の子でも食べやすいサイズで、袋を爪で開けちゃうくらい美味しかった様です。
サイトでお客様の声も載っているので迷っている方も覗いてみてください。

犬猫自然食本舗


こちらは、国産材料を使って作っている国産フードです。
ドライフードは開けた習慣からふわっと鰹のいい香りが広がります。ドライフードのみでなく、ウェットフードやスープ、ささみドライなど豊富な種類があります。
初回購入限定のお試しセットは1,200円(税込・送料無料)で上記のご飯をちょっとずつ試せるのでおすすめです。
キャットフードだけでなく、消臭剤や人間用の五穀米もあるのでこちらも興味ある方におすすめです。
原材料の掲示はもちろん、工場の様子なども公式サイトでみることができるので安心して愛猫にあげることができます。

 

まとめ

高品質のフードは市販のフードに比べて確かに価格が上がりますが、猫が健康で暮らしてくれることを考えれば安いものではないかと思います。
病気にかかると猫が辛いもはもちろんですし、病院代や病院に連れて行くことの方が大変です。
大半の猫ちゃんは病院が嫌いですもんね。
お薬を飲ませるのも大変なので、ご飯で体調管理をしてあげるのはいかがでしょうか。
また新しいものを試したり、見つけたりしたらご紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA