白濁りの原因?

白濁りの原因?

白濁りにしてしまいました>△<

それが原因なのかはわかりませんが、

ヒドジョウ さんが1匹白くなっちゃって。

 

(写真はまだ具合が悪くない時の写真ですが・・・)

 

 

心配していたのですが、水替えして様子を見たら

一日たったら戻っていたので、

引き続き観察してみます。

 

白濁りの原因とは?

白濁りの原因を探って見ました。

①水替えのしすぎ

②底床の汚れ

③温度の急激な変化

④ろ材の洗いすぎ

⑤餌のあげすぎ

 

①水替えのしすぎ

水替え、最近星になってしまった子がいたので、

ちょっと多めにしてしまいました。

水替えが多いと生体には負担のようです。

かといって、しなさすぎるのも・・・。

水槽を見ながら相談ですね。

 

②底床の汚れ

底床の掃除の回数が以前に比べて減ったこと、

(初めの頃って楽しくっていじりまくりますよね)

また、汚れをひっくり返してしまったことが原因かもしれません。

低床お掃除グッズも販売されているので、

使ってみると便利ですよ。

画像クリックでチャームさんのページに飛びます。

③温度の急激な変化

部屋の気温が上がったこと。

気温があがると、それに伴って水温があがっていきますよね。

夏はエアコンや水槽用のクーラーを使って水温を調節してあげることも必要ですね。

ここ最近の夏はあまりに暑いので、

エアコンがある部屋に水槽を置くのが良いかもしれません。

画像クリックでチャームさんのページに飛びます。

 

また、冬はもちろん、夏も、クーラーなどで冷えすぎたり、

急に温度が下がる日があるので、

ヒーターは入れておいた方が安心です。

画像クリックでチャームさんのページに飛びます。

 

ヒーターは、水槽の大きさによってもベストなものがかわりますので、

お好きなものを選びましょ♪

私は、カバーが外せるタイプが好きです。

小さい熱帯魚がカバーに挟まってそのまま死んでしまうことがあるので、

カバーがないほうが安心です。

また、温度固定のオートヒーターと、温度可変できるヒーターがあるので

こちらもお好みで。

④ろ材の洗いすぎ

ろ材は、洗いすぎるとせっかく定着してきたバクテリアが

いなくなってしまいます。

水道水ではなく、飼育水を使ってゆすぎましょう。

ごみを洗い落すくらいで充分です。

 

⑤餌のあげすぎ

餌をあげすぎてしまうと、白濁りすることがあります。

餌は少なめにあげてくださいね><

 

 

まとめ

餌のあげすぎや水替えなどによって、

ろ過バクテリアのバランスが崩れたとき、

白濁りが起こってしまうことがあります。

また、過密飼育が問題な場合もあります。

よく水槽を観察してあげましょう!

また、バクテリア不足の場合、バクテリア材を入れるという手もあります!

画像クリックでチャームさんのページに飛びます。

 

このバクテリア材、最初はチャーム本店のおまけでもらっていたのですが、

気に入ったので最近はボトルで購入しています。

水槽が本当にキラキラになりましたよ!

気になる場合は、まずはおまけでもらってみるのも良いかと思います。

 

バクテリアは、商品によって淡水用・海水用のものがあるので

購入時は間違えないようにしましょう!

 

白濁りは、すぐに生体に被害があるわけではありませんが、

白濁りが起こるということは、水槽の調子がよくないということ。

 

長期的にみるとよくないので、早めに対処してあげましょう!

熱帯魚カテゴリの最新記事