小さい個体をお迎えした時に気を付けるポイント

小さい個体をお迎えした時に気を付けるポイント

こんにちは、コロです。

コリドラス・パンダと
コリドラス・アドルフォイの

小さい個体をお迎えしました。

↑アドルフォイ(手前)とパンダ(奥)です。
右側に張り付いているのは、オトシンネグロ。

 

以前、小さいコリドラスをお迎えした時は
すぐに☆になってしまい、
悲しい思いをしました。

今回お迎えしたコリドラスたちは、
元気に順調に育っています。

小さい個体をお迎えした時のポイントを考えてみました。

小さい個体をお迎えした時に気を付けるポイント

 

1、小さい水槽で飼育する。

今回、100均の虫かご(中)にベタ用のスポンジフィルターを設置して飼育しています。

以前は30cm水槽で先住コリドラスと一緒にしましたが、ごはんが食べられないのか、
水深が問題なのか、徐々に弱ってしまいました。

 

2、同じ水槽で飼育するのは同じくらいの大きさの個体だけにする

ケンカもなく、ケガもなく、いじめられることもなく、
仲良くやっている様子。

 

3、ごはんは小さくしてあげる

大きいままのコリタブは食べにくいようです。
ほぐれるまで待っていると、水カビが発生。
いつものごはんを砕いてあげるか、
小さい粒のごはんをあげるとちゃんと食べられるみたいです。
ちなみに、我が家ではメダカ用(tetra社「キリミン」)のごはんが人気です。

 

4、水草は少なめに

ジャングルのように水草がぼうぼうになっていると、
ひっかかってしまったり、掃除が行き届かなくて汚れてしまったりして、
お魚が弱ってしまいます。
大きめの移動できる水草を、どーんと一つ入れるだけで十分のようです。
我が家では、流木に活着したアヌビアス・ナナが入っています。

 

まとめ

どんなに環境を整えても、その時によって
うまくいったりうまくいかなかったりします。

個体によっても状況が変わるので、
よく観察しながら、お魚にとって一番快適な水槽にしていきたいですね。

(紹介した方法は、我が家での一例です。
ご自宅の水槽に導入する場合は、自己責任でお願いします。)

熱帯魚カテゴリの最新記事